少ない出費でインポテンツを克服しました

私は現在、個人輸入代行業者のオオサカ堂で手に入れた、メガリスというED治療薬を使ってインポテンツを克服しています。
男性にとってインポテンツを患うことは、精神的にとてもショックを受ける出来事です。
私も1年前にインポテンツになってしまった時、大変なショックを受けました。
しかし、起きてしまった出来事を悔やんでもしかたありません。
それよりも、起きてしまったことに対して、どんな対処法をとれるのかを検討することが重要です。
インポテンツを患った当時の私には、3つの選択肢がありました。
その内のひとつは、精力剤を使ってインポテンツを克服するというものです。
そしてもうひとつは、医師にED治療薬を処方してもらい、インポテンツを克服するというものでした。
ちなみに、最後のひとつは諦めるというものです。
最後のひとつは考えないとして、まず私は精力剤とED治療薬のどちらかを試してみようと考えました。
そこで、まず一体この両者の何が違うのかを、自力で調べてみようと思い、インターネットで情報を集めることにしたのです。
その結果わかったのは、ED治療薬はインポテンツの原因となる、PDE5の働きを阻害する医薬品であるということです。
PDE5というのは、勃起を促進し維持する働きをもつcGMPという神経伝達物質を破壊して、勃起を収束させる働きを持つ物質です。
このPDE5は、決して悪者ではありません。
むしろ、勃起をおさめるのに重要な役割を持つ、必要不可欠な物質です。
しかし、加齢によって先述のcGMPが減少している状態では、PDE5はインポテンツの原因となってしまうのです。
ED治療薬は、こうしたメカニズムに着目し、高いインポテンツ改善効果を持つ医薬品だということが、わかりました。
この一方で、精力剤は医薬品ではなく、摂取し続けることによってインポテンツを改善できる可能性があるとされる食品です。
ですので、精力剤を飲んだとしても、劇的にインポテンツが改善されるわけではありません。
わたしは、この両者を価格面でも比較しました。
まず、インターネットの口コミで人気のある精力剤は、1ヶ月分で8,000円以上するものが多く高額です。
一方、医師に処方してもらえるED治療薬は、4錠入りで6,000円と、もっと割高でした。
あまりお金に余裕のなかった私は、もっと安いインポテンツ克服法はないのかとネットでさらに情報を集め続けました。
そして、あるサイトで得た情報をたよりに、オオサカ堂という個人輸入代行業者のサイトにたどり着いたのです。
私は、オオサカ堂で売られているED治療薬の中から、メガリスというジェネリック版ED治療薬を選びました。
効果の持続時間が36時間と圧倒的に長かったのが、メガリスを選んだポイントです。
また、メガリスの値段はとても安く、4錠入り3箱を6,138円で購入できました。
メガリスとオオサカ堂のおかげで、現在はインポテンツを克服して、ふたたびセックスを楽しむことができています。